JR八王子駅すぐの「デンタルオフィス心」の入れ歯のページです。

デンタルオフィス心

義歯・入れ歯

その入れ歯、お口に合っていますか?
~義歯・入れ歯~

合わない入れ歯で
ガマンしないでください

合わない入れ歯でガマンしないでください

「痛い」「合わない」「外れやすい」――そんな入れ歯のお悩みはありませんか? 本来、入れ歯がお口にしっかりフィットしていて咬み合わせが正しければ、こうした不具合は起こりません。逆に合わない入れ歯を使い続けていると、偏った力がかかる部分に痛みが出たり、潰瘍(かいよう)ができたりすることがあります。入れ歯にストレスを感じている方、ガマンしないでJR八王子駅より徒歩1分の歯医者「デンタルオフィス心」にご相談ください。

歯科技工士が
お口に合わせた入れ歯を作製します

歯科技工士がお口に合わせた入れ歯を作製します

合わない入れ歯を使っていると、歯ぐきがブヨブヨになったり、お口の中の粘膜に潰瘍ができたりすることがあります。また周りの健康な歯に過度の負担をかけ、歯の寿命を縮めることにもつながります。顎の骨が痩せてしまったり、顎関節に負担をかけ顎関節症を引き起こしたりもするのです。

正しくフィットする入れ歯をつくるためには、まず精密な型取りが大切です。その型から模型をつくり入れ歯を作製するのは歯科技工士です。当院では、入れ歯専門の歯科技工士と提携し、患者さんのお口に合わせた入れ歯をつくっています。

入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

入れ歯はお口の中に入れるものですので、いつも清潔にしておくことが大切です。でも、お口のブラッシングをしたついでに、入れ歯も歯磨き粉で洗っていませんか? これでは入れ歯がきれいになるどころか、反対に傷めてしまうことになります。なぜなら、歯磨き粉に含まれている研磨剤が入れ歯に細かい傷をつけてしまうからです。そしてそこにカビや細菌が繁殖しやすくなり、せっかく洗っても不衛生になってしまいます。入れ歯の洗浄には、研磨剤を含まない入れ歯専用の洗浄剤と専用のブラシを使用しましょう。

取り扱い入れ歯紹介

レジン床義歯(保険適用内)

保険適用の入れ歯で
床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくれています

レジン床義歯(保険適用内)

メリット

  • 保険適用なので費用を抑えられます
  • 作製期間が短めです
  • 加工・調整が比較的簡単です

デメリット

  • 硬い物が咬みにくいことがあります
  • 厚めなので装着感があまりよくありません
  • 耐久性は低めです
金属床義歯

床部分を金属でつくった自費診療の入れ歯です

金属床義歯

メリット

  • 床部分を薄くつくれるので違和感を軽減できます
  • 飲食物の温度を感じることができます
  • 耐久性が高く、汚れがつきにくい素材です

デメリット

  • 金属アレルギーのリスクがあります
  • 自費診療のため比較的高価です
ノンクラスプ義歯

弾力性のある素材を使ったバネ(クラスプ)のない部分入れ歯です

ノンクラスプ義歯

メリット

  • バネがないのであまり目立ちません
  • 周りの健康な歯に負担をかけません
  • 弾力性があり壊れにくくフィット感に優れています
  • 金属アレルギーの心配がありません

デメリット

  • 歯の欠損状態によりつくれない場合があります
  • 激しい温度変化に弱い素材です
  • 熱伝導性がよくありません
  • 変色の可能性があります
  • 自費診療なので比較的高価です
アタッチメント義歯

入れ歯の支えとなる歯と入れ歯の両方に
特殊な維持装置(アタッチメント)を取りつけて
安定させる入れ歯です

アタッチメント義歯

メリット

  • クラスプが不要なので見た目がより自然です
  • 入れ歯が固定され安定感があります

デメリット

  • 自費診療でありアタッチメントを装着するので治療費が比較的高額です
マグネット義歯

残っている歯の根に磁性金属を取りつけ、
入れ歯に小さな磁石(マグネット)をつけ、
互いを磁力で固定させる入れ歯です

マグネット義歯

メリット

  • 装着や取り外しが簡単です
  • 磁力で固定するので小さめにつくれるので装着感が比較的よくなります
  • バネがないので見た目がより自然です
  • 残っている歯に無理な力がかからないので、歯の寿命を縮めません

デメリット

  • 磁性金属を装着する歯根は神経を抜いた歯にかぎります
  • 歯の本数によっては十分な維持力を保てない場合があります