042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 精密治療で安心10年保証
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

子どもに虫歯のない未来を~小児歯科~

  • ホーム >
  • 子どもに虫歯のない未来を~小児歯科~

日々の生活習慣が虫歯のない未来をつくります

日々の生活習慣が虫歯のない未来をつくります

子どもの歯乳歯の健康は、次に生えてくる永久歯の健康を左右します。また乳歯が生えている時期はお子さんの成長期です。もし虫歯があったり、よく咬めなかったりすると、栄養補給が不十分になり全身の成長にも影響してくるのです。

乳歯は抵抗力が低いため、虫歯になりやすく進行も早いという特徴があります。そのためお口の健康を守るためには予防がかかせません。また、虫歯になってしまった場合は早期発見・早期治療が大切ですので、お子さんのお口のことはJR八王子駅より徒歩1分の歯医者「デンタルオフィス心」にご相談ください。

家庭内での虫歯菌の感染に要注意

家庭内での虫歯菌の感染に要注意

虫歯は虫歯菌によって発症する感染症ですが、虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。生活するうちに赤ちゃんの周りの大人から唾液を介して感染するのです。一般的には赤ちゃんと過ごす時間が一番長いのはお母さんですので、「母子感染・伝播」が虫歯の原因となることが多いと言われています。つまり、ご家族が注意することで、将来、お子さんが虫歯になる確率を低くすることができるのです。お子さんの虫歯菌感染を遅らせるために大切なポイントのひとつは、家族みんなで虫歯の治療を受け虫歯菌を減らすことです。ほかにも気をつけて欲しい点をご紹介します。

赤ちゃんを虫歯から守るために
  • 食べ物の口うつしは避けましょう
  • 赤ちゃん専用のスプーンやコップ、お皿を用意しましょう
  • お口や手へのキスにも気をつけてください

プロのチェックを受けませんか?

プロのチェックを受けませんか?

乳歯は虫歯になりやすい弱い歯です。そのため、虫歯になってからの「治療」よりも未然に防ぐ「予防」をおすすめします。虫歯になってしまってからでは、虫歯の痛みだけでなく、治療の痛みも伴います。しかし、予防処置なら痛みを伴うことはありません。大切なお子さんに痛い思いをさせないように、歯の痛みがなくても4~6ヶ月ごとに定期検診を受けましょう。

定期検診の実施事項
  • 毎日のブラッシングチェックと仕上げ磨きを含むブラッシング指導
  • プラーク(歯垢)・歯石の除去
  • 虫歯のチェック
  • 成長の経過観察

歯科医院で行う歯を守る処置

ブラッシング指導
虫歯予防の基本は毎日のブラッシングです。お子さん一人ひとりのお口の状態に合わせ効果的なブラッシング方法をお伝えします。親御さんの仕上げ磨きのコツもアドバイスします。 ブラッシング指導
フッ素塗布
歯質を強くする効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。歯の再石灰化を促すので、ごく初期の虫歯であれば治癒が見込めます。定期的なフッ素塗布をおすすめします。 フッ素塗布
シーラント
深く複雑な形状をしている奥歯の溝は、汚れがたまりやすく虫歯になりやすい部位です。その部分をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ処置がシーラントです。乳歯や生えたての永久歯の虫歯予防に有効です。 シーラント
過剰歯の抜歯
本来生えてくる本数以上に歯が生えてくることがあります。この「過剰歯」は歯並びを乱したり永久歯への生え替わりに影響をおよぼしたりするので多くの場合、抜歯が必要です。 過剰歯の抜歯
診療時間

トップへ戻る