042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 精密治療で安心10年保証
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

日々の予防が健康な歯をつくります~予防歯科~

  • ホーム >
  • 日々の予防が健康な歯をつくります~予防歯科~

痛くなくても歯科医院に通う習慣をつけましょう

痛くなくても歯科医院に通う習慣をつけましょう

歯科医院に行くのは「歯が痛くなってから」という方がほとんどではないでしょうか。しかし、それでは遅いのです。虫歯や歯周病などのお口のトラブルはその仕組みがわかっているため「予防」できる病気です。病気にかかってしまい、歯や歯周組織にダメージを与えてしまってから「治療」するより、病気を未然に防ぐほうが、より長くお口の健康につながります。

歯科医院には痛くなる前に、定期検診のために通院しましょう。それがいつまでも自分の歯で食事や会話を楽しむことにつながります。口腔内のチェックや歯のクリーニング(PMTC)を行う予防歯科についてはJR八王子駅より徒歩1分の歯医者「デンタルオフィス心」にご相談ください。

初期段階の虫歯なら再石灰化で治すことが可能です

  • 初期段階の虫歯なら再石灰化で治すことが可能です
  • 初期段階の虫歯なら再石灰化で治すことが可能です

歯の表面は食事のたびに「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」をくり返しています。「脱灰」とは虫歯菌により酸性化した口腔内で、歯の成分であるリン酸やカルシウムが溶け出すことです。しばらくすると唾液の働きにより酸性に傾いていた口腔内が中性に傾くと溶かされていた成分が歯に戻ります。この作用を「再石灰化」といいます。

つまり「脱灰」と「再石灰化」のバランスが取れていれば問題はありませんが、そのバランスがくずれ再石灰化が追いつかなくなると虫歯が進行するのです。ごく初期の虫歯である「脱灰」は「再石灰化」を促すことで治すことができます。この再石灰化を促すのに有効なのが、フッ素塗布や正しいブラッシングです。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、「脱灰」の抑制や「再石灰化」の促進、歯質の強化、口腔内の細菌抑制などさまざま効果があります。たとえば、フッ素を定期的に歯面に塗布することは虫歯予防につながります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

フッ素塗布は歯質強化に有効な手段ですが、それだけに頼ることはできません。欠かせないのは毎日のお口のブラッシングです。きちんと磨いているつもりでも似たような部分が虫歯になっていませんか? それはブラッシング方法にクセがあり、汚れがきちんと落ちていないからかもしれません。当院では患者さんのお口の状態に合わせて、効果的なブラッシング方法をアドバイスします。

まずはキシリトールから始めましょう

まずはキシリトールから始めましょう

虫歯は糖分をエサにします。そのため糖分の多い食事やおやつは虫歯につながりやすくなります。そこでおすすめなのが糖分を含まない甘味料「キシリトール」です。歯科医療先進国として知られる北欧フィンランドでは、キシリトールを活用して虫歯予防に役立てています。

キシリトールの虫歯予防効果
  • 虫歯菌の活動を抑制します
  • 糖分を含まないので虫歯菌の「酸」の生成を防ぎます
  • プラークのねばつきを抑えるのでブラッシングで落としやすくなります
  • キシリトール入りのガムを咬むと、お口の自浄作用がある唾液の分泌量が増え、再石灰化が促されます

ご自宅での効果的なケア方法をご紹介

ご自宅での効果的なケア方法をご紹介

お口の汚れを落とすためには、毎日のセルフケアや正しい食生活、規則正しい生活リズムも大切です。こちらではホームケアについて簡単にご説明します。患者さんによって重点ポイントが異なる場合がありますので、当院では一人ひとりにアドバイスもしています。お気軽にご相談ください。

ホームケアのポイント
  • お口に合わせた正しいブラッシング
  • デンタルフロスや歯間ブラシの活用
  • マウスウォッシュの使用
  • フッ素配合のデンタルグッズや食品の活用
  • 規則正しい食生活 など
診療時間

トップへ戻る