042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 精密治療で安心10年保証
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

親知らずなどのトラブルは~口腔外科~

  • ホーム >
  • 親知らずなどのトラブルは~口腔外科~

親知らずの抜歯は口腔外科で行います

親知らずの抜歯は口腔外科で行います

「歯が折れてしまった」「唇や口の中が切れてしまった」といった外傷の場合、できるだけ早く治療することが大切です。口腔外科とはこのような口腔内やその周りの外科処置をする診療科目です。歯が抜けてしまったときなども早く治療できればよりよい口腔内環境へ導くことができますので、すみやかにご相談ください。

親知らず」の治療も口腔外科に含まれます。「奥歯が痛い」「奥歯が腫れている」それは親知らずが原因かもしれません。

お悩みの代表「親知らず」

お悩みの代表「親知らず」

口腔外科で行われることが多いのが親知らずの抜歯です。親知らずは永久歯が生えそろったあと一番奥に生えてくる歯。進化の過程で顎が小さくなってきている現代人は、親知らずが斜めに生えたり埋まったままだったりと、正しく生えてくることが少なくなってきているようです。次のような場合は抜歯が選択されることがほとんどです。

親知らずを抜く場合
  • 痛みをともなっている
  • ほかの歯を押して歯並びや咬み合わせに悪影響をおよぼす可能性がある
  • 歯ブラシが届きにくいため汚れがたまりやすく、虫歯になりそうなリスクが高い
  • 食べかすがたまりやすく口臭の原因になりそうなとき
  • 妊娠中の抜歯を避けたい場合

抜く必要がない「親知らず」もあります

親知らずは、痛みがあったり、虫歯だったり、ほかの歯や口腔内に悪影響をおよぼしそうな場合は、ほとんど抜歯が選択されます。しかし次のような場合は親知らずを抜く必要はありません。

親知らずを残す場合
  • 正しく生えていて、ブラッシングも問題なくできる
  • 完全に骨の中に埋まっていて今後も問題を起こしそうもない
  • 矯正や歯牙移植に利用できそうな場合
  • ブリッジ治療の支台歯として利用できる

Pick Up!抜いた親知らずを再利用できる!?

≪Pick Up!≫抜いた親知らずを再利用できる!?

歯牙移植とは、文字通り歯を移植すること。咀嚼(そしゃく)のために必要な歯を失ってしまった場合、通常はあまり咬み合わせに関与しない歯を抜いて、そこに移植するのです。自分の歯を使うと成功率が高まりますので、親知らずを使うことがほとんどです。歯牙移植は条件が整えば保険が適用されます。詳しくは当院にご相談ください。

その他対応可能な口腔外科

抜歯 親知らずにかぎらず、重度の虫歯や歯周病の場合、抜歯が必要になることがあります。
歯根嚢胞摘出 歯の根の周りにたまった膿を外科手術により取り除きます
歯性感染症の治療 感染症を起こした部位を切開したり、膿を出したりします
外傷 転倒や交通事故などにより外傷に対応します。顎の骨が骨折している場合は、高度医療機関をご紹介します。
顎関節症の治療 顎の関節に問題がある場合に外科治療を行うことがあります
診療時間

トップへ戻る