042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 周りの歯を守るための治療インプラント
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

デンタルオフィス心のコラム

歯周病とは?

歯周病(歯周炎)とは口の中の細菌によって、歯茎に炎症を引き起こし、進行してしまうと、歯を支えている骨をとかしていく病気のことです。
現在、歯周病の有病率は20歳代で約7割、30〜50歳代は約8割、60歳代は約9割と言われています。

・歯周病の原因
歯周病は、細菌性プラーク(歯垢)による細菌感染症です。お口の中には、500〜600種類もの細菌が棲息すると言われており、そのうちの約20種類が歯周病の発症や進行に特に関係しているとされています。また、歯周病は直接因子であるプラーク(歯垢)の他に、先天的なある種の遺伝疾患や糖尿病などの全身疾患、さらにストレスや食生活、喫煙などの環境因子が関与する多因子疾患でもあります。
プラークが歯面に付着する量は、歯石の沈着や補綴物(歯に被せてある銀歯など)の不具合、虫歯、歯列矯正などのプラーク増加因子によって、左右されるため、全ての人が同じように進行するとは限りません。
歯周病の進行には個人差があります。これには先に述べたような先天的な因子(遺伝性疾患、代謝性疾患、血液疾患)や後天的な因子(喫煙、糖尿病、後天性免疫不全症候群、栄養障害、骨粗鬆症などが影響しているのです。

・歯周病の進行過程における歯肉等の状態
①健康な歯茎
特徴
・薄いピンク色の歯茎
・歯茎が引き締まっている
・ブラッシングでは出血しない

②歯肉炎
特徴
・赤色の歯茎
・歯と歯の間の歯茎が丸みを帯び膨らんでいる
・ブラッシングで出血する
・晴れた歯と歯の間に歯垢が溜まり悪化する

③歯周炎
特徴
・赤紫色の歯茎
・歯と接しているはくな更に腫れている
・ブラッシングで出血や膿が出る
・歯周ポケットが深くなり、骨(歯槽骨)が溶ける

・歯周病って治るの?
現在では、歯周病は予防でき治療も可能です。大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。まず、歯周病の原因はプラークですから歯垢をためない、増やさないことが基本です。そのためには、以下のことが重要となります。

①正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。

②歯茎の中まで入っている、歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去する事です。

③健康保持のために歯科医師、歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることです。

重度の歯周病は歯周外科処置が必要な場合もあります。

  • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
  • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
  • 歯を失う怖い病気です歯周病
  • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
  • 見た目と機能性を重視します審美歯科
  • 黄ばんでしまった歯を白くしましょうホワイトニング
  • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
  • 周りの歯を守るための治療インプラント
  • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
  • 親知らずなどのトラブルは口腔外科
診療時間

トップへ戻る