042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 周りの歯を守るための治療インプラント
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

デンタルオフィス心のコラム

虫歯はどうやってできるの?

虫歯になる条件としては4つの要因があります。

それは歯、細菌、食事、時間です。

 

①虫歯になりやすい歯の状態

②虫歯菌(ミュータンス菌)の数

③歯垢(プラーク)をつくりやすい食事(糖分)の摂取

④時間(お口の中が酸性である時間が長ければ長いほど虫歯になりやすくなります)

 

虫歯(ミュータンス)菌の活動の様子

 

①お口の中には常に虫歯(ミュータンス)菌が生息しています。このとき、お口の中は中性です。

 

②食事をしたあと、お口の中に残った糖分を虫歯(ミュータンス)菌が摂取し、歯垢(プラーク)をつくり出します。

 

③虫歯(ミュータンス)菌が増殖し、歯の表面にバイオフィルムという膜をつくり、お口の中がネバネバしてきます。

 

④バイオフィルムで守られた虫歯(ミュータンス)菌は糖を発酵させ、乳酸などの酸を生成します。お口の中は酸性にかたむき、虫歯になりやすい環境が整ってしまいます。

 

⑤お口の中は唾液のはたらきで常に中性に戻ろうとしますが、酸性度が一定の濃度に達してしまうとなかなか中性に戻らず、歯は表面から高濃度の酸で溶け出し、虫歯になってしまいます。

この状態を「脱灰」といいます。

 

唾液の効果

唾液には食物の消化を助けるなどさまざまな作用がありますが、歯にとっても大切なはたらきをしています。

 

再石灰化(お口の中の酸性化を抑え、歯の成分であるリンやカルシウムを含み、酸化して失われた歯を修復しようとするはたらき)作用がある

 

①酸度やアルカリ度を一定に保つ

 

②殺菌/抗菌作用があり、バイ菌や余分なものを排泄する

 

③新しく生えた歯の表面(エナメル質、象牙質)を硬くする

 

④歯や粘膜を保護する

 

 

このように歯垢(プラーク)は、ふだんは中性ですが糖分を含むものを食べると酸性にかたむきます。不規則な食生活のように、糖分を含むものを食べる回数が増えるとお口の中が酸性になっている時間が長くなり、虫歯になりやすい状態になります。とくに寝る前の食事は要注意です。寝ている間は唾液がほとんど出ないため、唾液の再石灰化作用がはたらかず、お口の中が長い時間酸性のままになってしまいます。「脱灰」と「再石灰化」のバランスを崩さないためには、規則正しい食生活がとても大切になってきます。

 

また、定期的にクリーニングを行わないと強固に付着したプラークや普段の歯ブラシでは落としきれない汚れが出てきますので、定期的なクリーニングをお勧めいたします。

もちろんインプラントにもプラークは付着します。

 

 

 

 

  • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
  • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
  • 歯を失う怖い病気です歯周病
  • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
  • 見た目と機能性を重視します審美歯科
  • 黄ばんでしまった歯を白くしましょうホワイトニング
  • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
  • 周りの歯を守るための治療インプラント
  • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
  • 親知らずなどのトラブルは口腔外科
診療時間

トップへ戻る