042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 周りの歯を守るための治療インプラント
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

デンタルオフィス心のコラム

ブラッシング方法②

☆歯ブラシのわき腹を使ったブラッシング方法☆

①ローリング方
a.適応
・比較的健康な歯茎
・細かい操作が困難

b.特徴と留意点
・操作は容易であるが、歯と歯茎の境目の清掃効果が悪い。
・硬い歯ブラシで力を入れて操作すると歯茎を痛めるので注意する。
・歯の根が見えてる場合には不適当である。

c.毛の硬さ、歯ブラシの選択
・やわらかめ〜かため
・三列植毛
・歯並びに適した歯ブラシ

②スティルマン法
a.適応
・歯茎が腫れている
・出血がある

b.特徴と留意点
・歯茎のマッサージが第一の目的で歯垢の除去効果は低い。
・歯と歯茎の境目に歯ブラシのわき腹を当て、振動を与える操作が難しい。
・舌側や奥歯への操作が困難。
・他のブラッシング方法との併用が必要

c.毛の硬さ、歯ブラシの選択
・やわらかめ〜かため
・1.2列植毛
・歯茎が腫れていたり出血する場合は、やわらかめの歯ブラシ

③チャーターズ法
a.適応
・歯列が悪い
・歯と歯の間が大きい
・歯茎が下がっている

b.特徴と留意点
・歯ブラシの毛が歯と歯の間に入りやすい。
・歯茎マッサージに有効である。

c.毛の硬さ、歯ブラシの選択
・やわらかめ〜ふつう
・1.2.3列植毛
・歯茎が腫れていたり、知覚過敏がある場合は軟らかい歯ブラシ

このように、ブラッシング方法にも様々な磨き方があります。ご自身に合った磨き方でお口の中の環境を綺麗に保ちましょう。

  • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
  • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
  • 歯を失う怖い病気です歯周病
  • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
  • 見た目と機能性を重視します審美歯科
  • 黄ばんでしまった歯を白くしましょうホワイトニング
  • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
  • 周りの歯を守るための治療インプラント
  • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
  • 親知らずなどのトラブルは口腔外科
診療時間

トップへ戻る