042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 周りの歯を守るための治療インプラント
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

デンタルオフィス心のコラム

歯磨き粉によく配合されているフッ素とは

フッ素(F)は私たちの身近な自然界にある元素のひとつで、お茶や魚介類など多くの食品に含まれています。フッ素はむし歯予防に欠かせないだけでなく、丈夫な歯や骨をつくるために大切な役割を果たしています。

☆フッ素応用と虫歯予防処置法
①フッ素の全身応用の種類と虫歯抑制率
・水道水フロリデーション(永久歯:40〜60%、乳歯:30%前後)
・フッ化物錠剤(20〜40%)
・フッ化物添加食塩(44〜84%)

これらの方法は、口から摂取されたフッ素が消化管から吸収され、歯が形成される際にフッ素が取り込まれることにより、歯のフッ化物量が増加し、歯の溝の形態が浅くなる(虫歯になりにくくなる)という報告があります。

②局所応用の種類と虫歯抑制率
・フッ化物歯面塗布(永久歯:20〜50%)
・フッ化物洗口(永久歯:20〜50%)
・フッ化物配合歯磨剤(永久歯:30〜40%)

これらの方法は、フッ素を歯に直接作用させる方法です。フッ素は歯に取り込まれるだけでなく、歯に吸着し、歯垢や唾液中に広がり、その濃度を高めて歯の周りからも作用します。
このうちフッ化物歯面塗布法は、歯科医師、歯科衛生士が行うことのできる専門的な虫歯予防処置です。
このフッ化物歯面塗布法は歯が生えて直後が反応性が高く、フッ素塗布によるフッ素の取り込みの量が多いです。
そのため、個々の歯が生えてくるたびにフッ素を塗ることが望ましいです。
また、成人や高齢者の場合は、歯と歯の間の虫歯や、歯の根元の虫歯予防に効果的です。

☆フッ素塗布後の注意
・口に溜まった唾液は、そのまま吐き出すようにします。
・塗った後30分間はうがいや、飲食は避けるようにします。
・フッ素はあくまでも予防です。フッ素を塗ったら虫歯にならないということでは、ありません。
・定期的に塗ることで、フッ素の効果が得られます。

  • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
  • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
  • 歯を失う怖い病気です歯周病
  • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
  • 見た目と機能性を重視します審美歯科
  • 黄ばんでしまった歯を白くしましょうホワイトニング
  • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
  • 周りの歯を守るための治療インプラント
  • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
  • 親知らずなどのトラブルは口腔外科
診療時間

トップへ戻る