042-649-9336

  • ホーム
  • 当院の想い院長紹介
  • 院内紹介アクセス
  • 料金紹介医療費控除
  • 治療メニュー
    • 歯の痛みは進行のサインです一般歯科
    • 子どもに虫歯のない未来を小児歯科
    • 歯を失う怖い病気です歯周病
    • 日々の予防が健康な歯を作ります予防歯科
    • 見た目と機能性を重視します審美歯科
    • 黄ばんでしまった歯を白くしましょう
    • その入れ歯お口に合っていますか?義 歯
    • 精密治療で安心10年保証
    • 歯並びは体調に影響します矯正歯科
    • 親知らずなどのトラブルは口腔外科

精密治療で安心の10年保証~インプラント~

  • ホーム >
  • 精密治療で安心の10年保証~インプラント~

インプラントはほかの歯に負担をかけない治療です

インプラントはほかの歯に負担をかけない治療です

失ってしまった歯の機能を補う治療法で最近とくに広まってきている「インプラント治療」は、外科手術を必要としますが、よく咬めるようになり、外観も美しく自然に見える注目の治療法です。入れ歯治療はバネ(クラスプ)をかける歯に負担をかけますし、ブリッジ治療は連結歯を装着するためにとなりの健康な歯を削り、支台にしなければなりません。インプラント治療なら周りの歯に負担をかけずに済みます。

インプラントとブリッジの咬む力の比較

通常の天然歯の「咬む力」を100%としたとき、ブリッジ治療の場合は、60~80%だというデータがあります。しかし、インプラント治療の咬む力は90~100%で、ほとんど損なわれません。

インプラント治療 ブリッジ治療
インプラント治療 ブリッジ治療
生体親和性の高いチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み骨と結合させ、その上に人工歯などを被せます。 となりの歯を削り土台にして、橋(ブリッジ)をかけるように連結した人工歯を装着します。
【咬む力:天然歯の咬む力を100%としたとき】
90~100% 60~80%

当院がインプラント治療を得意とする理由

信頼できる実績と経験数があります

信頼できる実績と経験数があります

当院院長は、八王子の地で「デンタルオフィス心」を開業する前に横浜のインプラントセンターの副センター長を経験しています。そこで多くのインプラント症例を経験し、比較的単純な症例から難症例までを担当してきました。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を併用した超精密治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を併用した超精密治療

肉眼の最大約30倍まで拡大して見ることができるマイクロスコープを使用することで、肉眼では確認不可能な部位も視認して施術することが可能です。これにより必要最小限の施術範囲で済み、術後の痛みや腫れもほとんど無くより精度の高い治療を可能にしています。

「無痛治療」に取り組んでいます

「無痛治療」に取り組んでいます

当院ではできるだけ痛みを与えない「無痛治療」に取り組んでいます。インプラント治療は外科手術を含みますので不安を感じる方もいらっしゃいます。手術の際に静脈内鎮静法を採用しているのは、患者さんの不安をやわらげるためです。専門の麻酔医が全身の状態をモニターしながら点滴の鎮静剤を注入しますので、リラックスしたまま治療を受けていただけます。

オペ室完備で衛生管理を徹底しています

オペ室完備で衛生管理を徹底しています

インプラント埋入手術は外科手術ですので、安全に行うためには清潔な環境下で行う必要があります。当院では隔離されたオペ室(手術室)を設置。室内はもとより使用器具の洗浄・消毒・除菌を徹底しています。

長期安定のためにメインテナンスに力を入れています

長期安定のためにメインテナンスに力を入れています

治療したインプラントを長持ちさせるため、当院ではメインテナンスに力を入れています。口腔内全体の咬み合わせも考慮し、お口の状態により3~6ヶ月ごとにご来院いただき、お口の健康をサポートいたします。

骨造成処置ができます
  • 骨造成処置ができます
  • 骨造成処置ができます
  • 骨造成処置ができます
  • 骨造成処置ができます

インプラントを埋入するためには、顎の骨の高さや厚み、密度、量などが一定量必要です。顎の骨が痩せてしまって足りない場合、他院ではインプラント治療を断られてしまうことがあります。そんな方は当院にご相談ください。まず骨の量を増やす骨造成処置を行うことから始めます。骨の量を増やす場所や量に合わせてソケットリフトやサイナスリフト、GBRなどの骨造成処置といった難症例も当院にお任せください。

世界で信頼されているインプラントメーカーを採用

BIOMET3istraumann-

当院で採用しているインプラントは「ストローマンインプラント」と「3i」です。「ストローマンインプラント」は1974年以来、世界40ヶ国以上で使用され信頼度の高いインプラントです。「3i」は米国でのシェアが高いインプラントです。「オッセタイト」という表面形状に特徴があり、インプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」を促進させます。

治療の流れ

カウンセリングから治療計画まで
STEP1.
カウンセリング
患者さんのお話をじっくり伺います。ご質問などは何なりとおたずねください。わかりやすく丁寧にお答えします。
STEP2.
検査ならびに
精密検査
一般的な検査(虫歯や歯周病など)やデジタルレントゲンなどによる診査をします。そのあとで、インプラント治療に必要なさまざまな精密検査を行います。
STEP3.
治療計画
精密検査の結果をもとにして、お口の状態や骨の状態をご説明し、患者さんに合わせたプランをご提案します。治療計画にご同意いただけましたら治療に進みます。
インプラント治療
STEP4.
インプラント
埋入手術
STEP4.インプラント埋入手術 歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。ご要望により歯科麻酔専門医による静脈内鎮静法のもとで手術を行います。
STEP5.
治癒期間
STEP5.治癒期間 歯ぐきで覆ったインプラントが顎の骨と結合するためには治癒期間が必要です。お口の状態により2~6ヶ月ほどかかります。
STEP6.
アバットメントの連結
STEP6.アバットメントの連結 インプラントの安定を確認したら、もう一度歯肉を切開し、人工歯の支台となるアバットメントと呼ばれる連結部位を人工歯根につなぎます。
STEP7.
人工歯の装着
STEP7.人工歯の装着 歯肉が安定したら人工歯を装着します。治療後はインプラントを長期間お使いいただくために定期的にメインテナンスを受けましょう。毎日のホームケアも大切です。

医療機関関係者の方へ

当院では、インプラントの難症例や骨造成の処置を受け入れております。当院と地域医療機関様との連携を強化した上で機能を分担することで、医療資質の向上及びサービスに寄与することに繋がると考えておりますので、ぜひお気軽にご相談下さい。

インプラント周囲炎のご注意ください

  • インプラント周囲炎のご注意ください
  • インプラント周囲炎のご注意ください
  • インプラント周囲炎のご注意ください

インプラントは人工物ですので虫歯にはなりませんが、ケアを怠るとその周囲に歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こすことがあります。インプラントの周りの歯ぐきに炎症を起こし、放っておくと顎の骨を溶かしてします。そうなるとせっかく治療したインプラントを抜かなければならいなくなりますので注意が必要です。

メインテナンスしましょう

メインテナンスしましょう

お口の健康を守るための基本は毎日のセルフケアです。歯ブラシや歯間ブラシを使ってしっかり汚れを落としましょう。また定期的なプロフェッショナルのケアを受けることをおすすめします。歯科衛生士による歯のクリーニング(PMTC)を定期的に受け、しっかりプラークコントロールしましょう。

メインテナンスしましょう

また咬み合わせのチェックも大切です。インプラント治療部位に過度の力がかかってしまうと「インプラント周囲炎」にかかりやすくなります。咬み合わせの悪化や歯ぎしりなどの悪習慣には注意が必要ですので、定期検診を受けましょう。

料金紹介(税別)

インプラントの埋め込み手術から、被せ物や簡単な骨造成処置を含み
\325,000

トップへ戻る